染み抜き化学研究所

ドライクリーニング店で落ちない染みはお任せ下さい。全国宅配の染み抜き専門店です。

クリーニング店で落ちないシミは、染み抜き化学研究所
宅配便でカンタン!染み抜き依頼
染み抜きについて
 
 
 
 
 
 
 
 
 

染み抜き無料相談

全国宅配できます



  職人紹介



染み抜き化学研究所 代表 佐藤大輔


当HPをご覧いただき、本当に嬉しいです。当店は「染み抜き化学研究所」といいます。

しかしビックリな事に、僕一人しか居ない会社なのです。
なので、問い合わせを受けるのも、メールを返すのも、作業をするのも、発送するのも
全て、わたくし佐藤大輔が一人で行っております。

人を増やして効率化するという方法もあるのですが、
僕は「染み抜き」というのは、効率化や大量生産が出来ない分野だと思っております。

人を増やして、会社が大きくなると「妥協」が多くなり
僕がやりたい仕事が出来なくなると思うのです。

人を上手に使う技量も無いですし、それであれば腕一本でどこまで生きていけるか
挑戦した方が良いと思うのです。

受付と職人って、凄く大切です。
通常職人は、お客様の要望を直接聞く事が出来ません。
だから、突っ込んだ処理が出来なかったり、どうしても「お役所仕事」になってしまいます。

当店は、受付=職人です。
お客様の思いを、直接受け入れ作業が出来るのです。
ありがたいと思います。

 


line

佐藤大輔 プロフィール

1993年
北海道最大手のクリーニング会社に入社。外交営業マンとして5年間勤める。
1998年
外交営業での成績が認められ、最年少で店舗管理者に抜擢される。新規店舗出店・店員教育・顧客管理・データー分析・マニュアル作成等の知識を実践で取得する。当時の担当売上は、四億弱。
2004年
担当店舗のクレームを分析するうちに、染み抜きで困っているお客様が大勢居ることを実感する。「クリーニングって何だ?」そんな根本を疑い始める。当時は営業責任者だったが、寝る間も惜しみ、技術の習得に努めた。

求めたのは新しい技術と既存の技術の融合。
それは、出来なかった事を可能にする技術だった。しかし、生産性は恐ろしく悪く、とても商売と呼べる代物では無かった。だから誰もやらないのだ。色々悩んだ末、「本当に困っているお客を助ける仕事がしたい」と、起業を決意する。

2005年

染み抜き化学研究所設立。その後、ネットサイト最大手の「衣類よ集まれ!」で染み抜き達人を担当する。

多くの人に共感して頂き、NHKテレビ・オレンジページ・各種メディアに数多く取り上げられています。

 


ホームお問合せよくあるご質問染み抜き事例集染み抜きのご依頼方法代表のblog
クリーニング事故賠償基準会社概要と法定表記プライバシーポリシーサイトマップ
Copyright (C) 2007 simiken Corporation. All Rights Reserved