今回の依頼は、ムートンコート。

最近では、多くのムートンコートが集まるようになった。

 

クリーニングでは、ほとんど良くならない。

ムートンコートの修正は、かなり難しい部類に入りますね。

今回は、ムートンコートに付着した朱肉の染み抜き。

水で叩いてしまって、水ジミも出来ている。

洗う事無く、部分的な染み抜きでキレイになった。

家庭で洗濯して、色が移る。

誰もが一度は経験しているトラブルだと思います。

色堅牢度(色の定着する力)が弱いと、色が流れやすくなりますね。

また、色が出る原因としては「温度」と「PH」があります。

PH(ペーハー)とはアルカリや酸性をあらわす数値ですね。

 

結論から言えば、アルカリの方が色が出やすくなります。

色が出そうな衣類は、冷水で中性洗剤で洗うと良いでしょう。

 

当店の顧客でサインコレクターのお客様が居る。
前回はデルピエロだったが、今回はロナウドだ。
正直、お宝系の染抜きは気が重い(笑)
コレクターってお金じゃ無いんですよね。だから大変なんです。
ユニフォームにロナウドのサインがバッチリ入っている。
このユニフォーム自体にも価値があるって言ってましたね。
今回は、本当に手がふるえた。
染料の色移りがあちこちに付いている。そのそばにサインが入っている!
いやだ〜〜〜〜〜!
サインを消さないで、色移りだけを除去する。ハードな使命です!
でも、これは僕にしか出来ないと思いましたね。
通常のクリーニング店では無理。っていうか受けないですよね。
それか、受けちゃって失敗するか・・・。
お客様の信頼も付いてきて、「まあ、お願いしますよ〜。」って(涙)
  before         after   

色移り 染み抜き1
色移り 染み抜き2
↑拡大すると判ります
でも、本当にロナウドは凄いと思いますし、大好きですね。
サッカーゲームなんかでは、絶対に一番足が速いんですよ(笑)
カウンター+ロナウドが勝利の方程式なんです。
ゲームでブラジルを選ぶと「反則じゃん!」と良く言われたものです。
もう、5年も前の話ですが・・・。ゲームで盛り上がっていた時代もあったな〜。
« 前のエントリ次のエントリ »