先日、一本の電話が鳴った。
「ボンドのシミなんですが落ちますか?クリーニングに出したんですが駄目でした。」と男性の声。
僕は、「素材は何でしょうか?」
色々聞いた所、素材は綿のようだ。
札幌のお客様だったので「問題ないと思いますね。では、営業を伺わせますね。」と電話を切った。
翌日、営業がボンドの付いたコートを持ってきた。
僕は、先入観に見事にハマッた。
染み抜き職人として、問題なのはお客様の言った事を100%鵜呑みにする事だ。
こういう事は良くあって、「これ、コーヒーのシミなんだけど」と言われて、実は血液だったり。
お客様の事を信用するなとか、そういう話では無い。
お客様も間違う事もあるし、勘違いもする。こう考えている。
1時間、ボンドと格闘した。
ボンド系は通常、油性処理だ。溶解力の強い薬品を使用し、除去していく。
取れない・・・。ボンドが取れない・・・。どうして取れない?・・・・。
ボンドや瞬間接着剤は、取れない事はほとんど無い。
しかも、今回のように全く取れない事はまず無い。
僕は、「このボンドは取れない。諦めよう。」そう思った。悔しさ20000%だった。
諦めたその時、スソに同じ色だが薄いシミを見つけた。
「お金は貰えないが、この染みは抜いておこう。」
漂白は出来る生地なので、漂白処理をして落とした。
この染みは水溶性のシミだった。しかも果物のシミのようだ。
「もしや・・・」
そでのシミを、水溶性処理すると薄くなった。
ボンドは、水溶性処理は基本的にしない。僕はボンドだと100%思い、水溶性処理、漂白はしなかった。
そうなのだ、このシミは果物のシミだ。
汁が付いたのでは無く、潰れて実ごと付いたのだと想像される。
そして、乾燥しシミとなった。
さらに、ドライクリーニングされプレスされカチカチに固まったのだろう。
僕もまだまだ未熟だ。修行が足りん!

これも通年を通して、多いトラブルですね。

僕の家も子供が二人居ますが、しょっちゅうやります(笑)

床やテーブルならば、意外と落とせるのですが

やはり衣類に付いてしまうと家庭では厳しいかも知れません。

子供服ならば、ある程度あきらめもつきますが

カーテンとかに書かれたら・・・。

先日もオーダーカーテンにマジックを付けてしまったトラブルがありました。

子供がマジックを持ったまま、かくれんぼをしてしまったそうです。

泣くに泣けないトラブルですね。

 

インクは、家庭で処理出来ないシミの1つではないだろうか?
水だけでは絶対に取れないし、いきなり漂白しても基本的にに取れない。
また、僕の経験上だが油性インクよりも水性インクの方が取れにくい。
油性は、有機溶剤や染み抜き剤でかなり落とすことが出来るのに対し、
水性インクは、物理的力を必要とするものが多いのです。
よく、「水性インクだから家で洗ったら取れる?」って聞かれますが、取れません!
床などに付いた場合は、水で落ちる場合が多いんですが、衣類に付くと大変です。
生地に、顔料が刺さるんです。そうすると、中々出てこない。
実際、僕も取れなかった水性マジックのシミがあった。
本当に、寝れなかったね。悔しくて。化学繊維であれば何とかなるのですが、
それは、綿の厚地のジャケットでした。かなり薄くはなったんですが、
白色のジャケットなので、着用は厳しいと思い返品しました。
ゲルインクが落ちる!とかって薬品とかも買いましたが、やっぱり騙された。ちくしょー。
そんなにうまい話は無いですよね。やっぱり。。。

  before         afterインク染み抜きインクの染み抜き2 

 

 

今回のトラブルは、クリーニング店で中途半端に処理してしまった油性インクのシミです。

油性インクは、取れなかった記憶が無い。でも、多少薄く残ったことはある(笑)
今回のインクは、意外と簡単に除去出来た。

残った色素は還元漂白ではなく、酸化漂白だ。
結構、染み抜きは流派によってバラバラだと思う。
僕は、以前から言っているが「いいトコ取り流」なのだ。