2010 2月 24 のアーカイブ

先日、近くの蕎麦屋さんに蕎麦を食べに行った。
その蕎麦屋さんは、最近出来たばかりで珍しいタイプの蕎麦をやっていると
ラジオでやっていた。
蕎麦も好きなんですけど、まだラーメンの方が好きで
昼に蕎麦ってのは、あまり経験が無い。
場所は知っていたので、すんなりと店に入ることが出来た。
なんか、古臭い蕎麦屋さんでは無く、ちょっと薄暗い感じで
オシャレな店内。
店内に入るとすぐに、
「1人なので、こちらにどうぞ」席へと案内される。
なんか違和感があった。
普通、「お一人様ですか?」とかって聞かれるから。
まあ、いいか。
メニューを見ると、名物蕎麦があった。
僕は店員さんに「名物蕎麦と、小ライスみたいなのってありますかね?」そう聞いた。
店員さんは、
「ライスですか?ライスでしたらこちらにあります」
そう言いながらメニューを指さした。
う〜ん、大きいライスはちょっとキツイな。そう思いながら店員さんに聞いてみた。
「いえ、ちょっと大きいライスは食べられないかも知れないので、小さいご飯はありますか?」
「そうですね。こちらに天丼のミニがございます。セットも出来ます。」
そう言って、またメニューを指差した。
ライス食えないのに天丼食えるか!(笑)
う〜ん。
新人さんで、結構な年齢だと思う。
慣れてないんだろうと思い、ちょっと面倒になりライスを食べる事にした。
「じゃあ、ライスでいいです」
「わかりました、名物蕎麦の小とライスでよろしいですね?」
ポカーンとしてしまった。
名物蕎麦の小は出来るがライスの小は出来ないらしい(笑)
これは、かなり手ごわい。
久々に強敵だ。
「いえいえ違います!名物蕎麦とライスでお願いします」
「あ、はい。小で無くてよろしいですね?」
「小ライスは出来ないんですよね?」
「ライスは、こちらになります」
そう言って、またメニューを指差す。
無限ループの予感がする。
「これはまたミニ天丼の話をされそう」と思った僕は、
「普通の名物蕎麦と、普通のライスを下さい」
そう言った。
店員さんは、
「わかりました」
そう答えた。
「はぁ。一件落着。とりあえず蕎麦食べようっと」
そう思った瞬間、店員さんの口からビックリする言葉が!
「ライスはいつお持ちしましょう?」
え?
ライスってコーヒーみたいな位置づけなのか?
洒落た蕎麦屋さんに入った事が無いので、俺だけ知らないのか?
昔、チャーハンにライスがサービスで付いてきた事があったが、
今回は、それをも凌ぐ驚き。
けど、蕎麦食べた後にライス出てきてもね・・・・。
僕は「ライスは先でお願いします」そう店員さんにお願いした。
けどすぐに、ライスは蕎麦と一緒に出てくるものだろうと思った。
多分、これは店員さんが間違って聞いただけだという事に気が付いた。
「俺ってバカだな」とクスっと笑いそうになる。
けど、そこは期待を裏切らない店員さん。
「こちらライスになります」
そう言って、ライスと漬物を持ってきた。

 

せっかくなので、ライスと漬物を食べる。
意外と悪くない。
お茶を飲みながら、漬物をかじりご飯をほおばる。
半分ぐらい食べた所で蕎麦が到着。
「おお!蕎麦食いにきてたんだ!」
目的を思い出す。
蕎麦はとても美味しく、値段も良心的。
とても満足しているはずなのに、
敗北感一杯のまま店を後にした。
蕎麦屋の店員さん恐るべし。