9月 2009 のアーカイブ

シルバーウィーク、初日と2日目に友人たちとキャンプへ出かけた。
場所は、サミットが行われた洞爺湖だ。
北海道の秋は、なめちゃいけない。
昼間とは違う夜の顔。
気温が下がり、下手をすれば凍え死ぬ。
特に、その日は10月中旬の寒気が来ていて
北海道の一部では雪が降った。
キャンプでは、カヌーに乗ったり酒飲んだり。
BBQして飲んだくれるというのが、いつものお約束。
夜の寒さも、熱燗で乗り切った。
僕は、相変わらずの泥酔っぷりで
星空を見ながら寝てしまったようだ。
ふと目が覚めると体がブルブルと震えている。
あぶねえ、もう少しで凍死してしまう所だった(笑)
震える体を起こし、テントへ行き寝袋に入る。
「暖かいなぁ」
そんな事を考える間に、また就寝。
朝方、あまりの腹痛に目が覚める。
昨日のBBQで、生肉を食ったのが当たったようだ。
物凄い勢いで、肛門がノックされる。
ただ、僕は無性に眠いのと、腹痛を天秤にかけしばらく考える。
「無理やり寝たら、腹痛はおさまっているかも」とか、
「実は大ではなく、ただの屁の可能性もある。ちょっと勝負かけてみるか。」
とか、必死で考える。
けど、屁じゃなくて大が出てしまったらシャレにならないので、
眠い目をこすりトイレへ。
その時、ちょうど朝日が。
ここでも、ちょっと悩む。
トイレへ行くべきか、朝日の写真を撮るべきか。
僕は肛門に話しかける。
「お前は出来る奴だ!今までも、色々な試練を乗り越えてきただろ!」
たぶん肛門は、「そんな精神論でこられてもね〜」と言ったはず(笑)
ただね、あまりにもキレイだったので
僕は急いで写真を撮り、ペンギンみたいな歩き方でトイレへ向かった。
しかも、僕らはキャンプ場の端っこでキャンプをしていたので
トイレまで物凄い距離がある。
もう、その辺でしてしまおうかとも考えたが、
他人の迷惑を考えるとね。。。
さすがに、すがすがしく朝を迎えて欲しいじゃない。
朝起きて、テントのそばに人糞があったらねぇ。。。
オレなら泣いちゃう。

 

 

 

 

 

 

朝日って凄いと思った。
誰に見てもらう為でも無く、ずっと昔からそうなんだろう。

dsc_7922.JPG

 

 

 

dsc_7724.jpg

また来年だね。

 

 

 

【クリーニング店で落ちないシミは、染み抜き化学研究所】
【レザー皮革のお手入れは、染み抜きクリーニング.com】

先日、友人の家で酔っ払いスキンヘッドにしてから、ずっとスキンヘッドだ。
理由としては、毛が生えてこない箇所があり、髪の毛を伸ばすまで耐えられないからだ。
最初、スキンヘッドにして、
頭にヒゲが生えている感じというか、さわるとジョリジョリする。
まあ、もう坊主にすることは無いだろうからと、剃刀で剃ってみた。
髪の毛を剃る事なんて、そうそう無い。
ツルツルになった頭を触り、何故か妙に満足する。
翌日になれば、ヒゲと同じでジョリジョリ頭になる。
しかし、あれ?と思う事が・・・。
前とか上とか、ツルツルだ。
横とか生えてるのに、前が生えて来ない。
ただ、僕は結構前向きなので
「今日は、前と上はあんまりやる気出てないんだろ。」
そう思い、翌日も朝起きて頭をさわる。
頭の前側と上を触る。手に懐かしい感触が残る。
「こ、これは・・・。中学生の時に生えたヒゲのように柔らかいじゃないか!」
どうやら、僕の頭の前側と上側は、やる気出ないみたいです。
今までは、髪の毛があったので、多少は誤魔化されていた部分もあったんだろう。
現実を受け止めるには、オレのハートはもう少し修行が必要。
ただ、いつまでもスキンヘッドは出来ないと思い、
髪の毛を伸ばしてみる。
5ミリぐらい伸びた時、絶句する。
「こ、これは・・・・。TVの時代劇に出てくるお侍さんではないか・・・」
で、またスキンヘッドに戻る。
また、たまに人から「頭の形いいよね!似合うね!」
そう言われる事もあり、「じゃあいいか!」とも思う単純さが僕にはある(笑)
ただ、スキンヘッドってメチャクチャ楽なんですよね。
髪が無いから洗う必要も無いし。顔洗った時、頭も洗っちゃうみたいな。
う〜ん。
髪の毛十センチの壁を越えないと、元の頭には戻らないのか。
頑張ってみようかな。
けど、今までは友達に「ハゲ!」って言われたら
「俺は薄毛で、おでこが多少広いんだよ!」って言ってたけど、
今は、「これは剃ってるんだぜ。」って言えるのが強み(笑)
まあ、どうでもいいんだけどね(笑)