9月 2008 のアーカイブ

最近、ネットゲームにはまっている。

 

事の発端は、今年の5月の一本の電話。

福岡のカリスマ福永(染み抜きオジサンなんだけど、染み抜き王子といわれている。TVに多数出ている)

から、「○日に東京行くからさ、たまに東京に来いよ」

という電話だった。

「最近、出不精だったからな〜。よし、いくか!」と東京へ。

東京へ着くと、いつものメンバーが集まっていて「六本木のダーツバーにいこうぜ」と

六本木へ向かう。

「ダーツって、真ん中に当てると勝ちなやつか??」ルールももちろん知らない。

どういう場所かもわからず、六本木へ。
実は、生まれてはじめての六本木。そして、生まれて初めてダーツというものに触れる。

僕は、とっさに思う。「これはハメられた!!!!!!!!!!!!」
案の定、負けまくりフトコロが寂しくなる(笑)

見よう見まねでダーツを投げる。「よし、真ん中近くに当たった!」

と思っても、点数がが低かったりして、ルールを覚えるのにしばらくかかった(笑)

「まけたら馬のかぶりものな!」と言われ、

馬のマスクみたいなやつを被りながら六本木の夜を過ごす。。。。

横が見えねぇ。しかも息苦しい。。。

なんでそんなもの持ってるんだよ(笑)

計画的にはめられた感がある、京都「なをし屋」の栗田さんもボコボコになる(笑)
で、その後に仲間の家へ行き雑談。焼酎を飲み始める。

そして話の成り行きから「willでもするか」とマリオカートをすることに。

僕は、willも初めてで、案の定負ける。

「負けたやつピザ買えよ!」という対決でも負け、頼みすぎたピザを食うという対決でも負け

ハラが苦しくなり、後の居酒屋では何も食えず。。。。

途中、洗濯王子の中村君に「おい、わかってんだろうな!」とプレッシャーをかけるも

勝負の世界に年上も年下も無い。俺に出来るのは、相手の前に立ちテレビを見れなくするか

相手のコントローラーのボタンを押し妨害するぐらいだ(笑)
若者は、ゲームが上手い。反射神経が違う。結局、マリオカートを8時間もする事に。。。
札幌へ帰る飛行機の中で考える。

「おれは、何の為に東京へ・・・・」

 

流れをまとめた

 

「東京でお前に会いたい」と福ちゃんからラブコールを受ける

六本木で馬の被り物をかぶらされ、フトコロも寂しくなる

全員分のピザを買わされる

ピザ買いすぎであまる

それを食わされる
付属のポテトが、致命傷になる

晩飯を食いにいくが何も食えず

次の日も胃もたれ

長野の「ブーツクリーニングジャパン」の小池さん半笑い
ピクッと上がった右の口元から、「フッ」という吐息が漏れる

全く良い思い出が無いまま、札幌へ帰る
マリオカートと罰ゲームをしに東京へ行った感がいなめない
おいおいおいおい!

ちょっと待ってよ!!!!!!!!!!!!!!!!!

あいつ(福永)だけは、本当にギャフンと言わせないと気がすまん。

最初は、ネット対戦のwillでやっつける事を考える。

そして、長女の誕生日にwillをプレゼント(笑)

よし、これでマリオカートできるぜ!と、練習を開始して

ネット対戦の方法を調べる。
このときに、ネットゲームというものに出会う。

「こ、これは・・・・」

 

 

次回へ続く
 クリーニングで落ちないシミは 【染み抜き化学研究所