2008 8月 23 のアーカイブ

やっと札幌にも暑い季節がやってきた。

お盆ぐらいまでは、夏を楽しめるだろうか。
佐藤家は、次女がアトピーなので良く海にいく。

海水はアトピーに良いと聞いてから、暇を見つけては海に行っている。

次女のアトピーは、ステロイド治療を止めてから悪化したが、

現在はかなり回復している。

脱ステロイドに成功した。顔のアトピーは全く無くなり、腕に少しだけになった。
そんな訳で、先週も海に行きました。

長女、次女共に泳げないので、砂浜で山を作ったり

ちゃぷちゃぷと水を掛け合ったりして遊んでいる訳です。

そして、もう一つ大好きな遊びがある。

それは、貝を拾うことです。

次女と長女が砂浜を掘れば、アサリや白貝がいっぱい出てくる。

実はこの貝、僕が買ってきた物で、子供たちが見ていない間に

こっそり砂浜に埋めているのだ。

 

 

まあ、バカ親だ(笑)

いつもは海に行っても、あまり人が居ない。

でも、先週はかなり暖かく海水浴の人が沢山居た。

これを計算に入れなかった僕に悲劇が訪れる。

 

 

僕は、子供たちが砂山を作っているときに、

いつものようにこっそりと貝を埋める。

大体4〜5箇所に分けて埋め、目印に小石を置く。

そして、「んん〜!この辺に貝いそうだな〜」と子供たちに言うのだ。

子供たちは、「本当だ〜!」と嬉しそうに貝を拾う。
ここまではいつも通り。

何も変わりは無い。
でも、今回は横に大学生だと思われる集団がおり

その様子を見た1人が
「あの子供、はんぱねえ!!!!!!」
と大声で叫んだのだ。
最初は僕も、「ふふふ」って感じだったのだが

次第に雲行きが変わる。

 

「ここ貝あるぜ!みんなで探そうぜ!」
えええええええええええええええええ
無いって、無いって

海の中や波打ち際なら判るけど、こんな乾いた砂浜に貝が居るわけないでしょ!

これは買ってきたんだって!

言おう言おうと思うのだが、学生パワーの前にヘタレになる。。。
学生の中で流行っているのか、「はんぱねぇ!」という言葉が飛び交っている。

もう言えない。言ったら暴行されるかもしれん。

 

そう思った僕は、撤退の支持を子供たちに出す。

「え〜」とブーイングの中、荷物をまとめ帰り支度をする。
その時、ビキニを着たお姉さんが子供たちに話しかけてきた。

「すごいね、貝はどうやって見つけるの?」

「んんとね、パパがある所を教えてくれるの」
僕は下を向いていたが

明らかに視線を感じる。

ぐあああ。見ないでくれ〜。

 

「あなたにもアワビついてるじゃないですか!」と

オヤジギャクを言おうと思ったとか、思わないとか(笑)
その時、学生さんの1人が叫ぶ。

 

「はんぱねえ!貝ガッツリ見つけた!」
「ええ!!!そんな訳ないじゃん!」と、僕は思ったが次の瞬間「あ!」と思う。
「それ!オレが埋めた貝じゃねえか!!!!!」
スーパーでワンパック600円もするんだぞ!返せ!

もちろん言えません。

言えないですよね(笑)

 

その後、学生さんはしばらくその辺を探し、諦めたみたいだ。

そして、ビールを飲み焼肉をはじめた。

「いいな〜俺もそっちに入れてくれ〜」と思いながらも

僕は、ほっと胸をなでおろす。

 

子供たちは、僕をじっと見ている。

明らかに動揺している僕を、観察するかのように。

はっと思った僕は、子供たちに声をかける。

 

「貝焼いてたべようか?」

「うん、食べよう食べよう!」

何で子供って、あんなに嬉しそうな顔が出来るのだろうか。

僕は、車に常備してある七輪に火を入れる。

 

 

 

 

今回の事は、とても勉強になった。

人間、目の前で起きた事は疑わない。

「これからマジックショーしますよ!」とかって言えば

「タネを見つけてやろう」とも思うだろうけど。

 

 

けど、何であの時「この貝は僕が埋めたんですよ。この辺に貝は無いですよ」

って言えなかったんだろう。

情けねぇパパだ。
今後、誤解を招く行為には、十分注意します。

 

 

http://www.simiken.com

クリーニングで落ちないシミは 【染み抜き化学研究所】

前日、宮崎駿の話題作「崖の上のポニョ」を子供たちと見てきた。

ボニョと言えば、あの「ポ〜ニョポニョポニョ魚の子」というメロディーが印象的。

というか、子供たちが毎日歌っていて、かなり苦痛でした(笑)

映画へいくのも、「そんなにポニョが好きなら見に行くか?」というのが始まり。

僕は宮崎監督の映画が大好きである。

今回の「崖の上のポニョ」は事前評論で駄作と言われた事もあったが

僕は楽しく見させてもらった。

ただ、メッセージとして伝わってくるものは少なかったように思う。

子供たちに、映画の感想を聞いてみた。

「ポニョどうだった?」

「よくわかんない〜」

5歳と3歳には、まだ難しいようだ。
その足で、街中をぶらぶらと歩いた。

 
その時、長女が僕に

「エクスタシーってなあに?」と聞いた。

「ちょ、なに?なんだいきなり!」かなり戸惑ったが頭をフル回転。

「ああ、昆布だしね。あれは味噌汁とかに入ってるんだよ」

 

ふ〜、我ながら上手く誤魔化せたぜ!
と、思った瞬間、長女が指をさしてこういった。

 

 
「違うよ、あそこにエクスタシーって書いてあるでしょ」

 
長女の指差す方向には、エッチな感じのポスターが。

ホントだ、書いてある(笑)

僕は、マズイと思いながらも

「おお!やっと札幌にも秋葉原みたいな店が出来たのか!」

と本心は、ちょっと浮かれました(笑)

よく判らないのですが、同人系というのかな?そんなお店でした。

 

もちろん、翌日、1人で社会見学に行きました(笑)

そしたら、ビックリ。

「あ!この人形の制服、染み抜きした事がある!」

ってのがありました。

「あれは、制服というかコスプレの衣装だったんだ・・・・。」

ゴスロリ系のは判るのですが、コスプレの制服は判りませんでしたね。

 
で、話は戻って

長女に何と言ってよいか困った僕は、モーニング娘のレボリューション21を

「チョーチョーチョーいい感じ」と5秒ほど振り付け付きで踊り

 

 

「こんなな感じだ」

 

 
と一言。

 

長女はあきれて、とことこ歩き出す。。。

「よし、作戦成功!」

 

でも、あんな街中に派手なポスター困りますよね。

しかも、ひらがなで!

獲九素多死胃とかってしてほしいな〜。

そう思ったが、コンビニのエロ本コーナーの方が過激か。。。

以前はお世話になりました(笑)

 

しかし、こういう経験というのは本当に役に立つ。

考えるきっかけになるからだ。

そのうち性に関しても、色々教えなきゃならないだろうし

いつまでも避けては通れない。

初めての経験から学ぶことは、僕にとっては多い。

 
経験した事が無い事といえば、最近、こんなことがあった。

 

いつもどおり、僕は自転車で通勤。

その日は風が強く、砂ぼこりが舞っていた。

信号が赤になったので、僕は自転車を止めた。

後ろから自転車が来て、20歳ぐらいのお姉さんが僕の横に止まった。

僕は、「お弁当の中身は何かな〜」と嫁さんが作ってくれたお弁当の事を考えていたが

いきなり強風がふき、隣のお姉さんのスカートがめくれ上がる。

見ようと思ってる訳ではないのだが、自然に目がいく。

だが、スカートの裏地でパンツは見えなかった。
そのとたん、横のお姉さんは僕の事をキッって感じで睨みつけた。
いや、確かに見たけどパンツは見えなかったし、これは事故でしょ!

いや、確かに見えなくて「チェッ!」って思ったけどさ・・・・。
これは、僕の32年の人生の中で初の出来事。

至近距離で、逃げるに逃げられない。
困った僕は、「おっと、そうだった」と小声をだし下を向きながら

何かを思い出したフリをして、その場を立ち去った。

で、遠くから「もう居なくなったかな〜?」と確認し、また走り出した。

 

これって、最高にかっこ悪いですよね(笑)

僕がイケメンだったら、向こうも顔を赤らめてくれたかも知れないのですが・・・。
で、考える訳です。

もし、再度あの状況になったらどうするのかを。

 

お姉さんとしては、怒りの根本は

「恥ずかしい」か

「なに見てんだよブサメンが!3,000円払え!」な訳ですよ。
なので、その怒りを静める言葉を考える必要があります。

 

数種類、僕なりに考えてみました。

 

「いや〜、いいパンツですね!」

「あなたのおかげで、視力回復しました」

「朝からありがとうございます」

「敵を発見!」

「パンツの漏洩は、裏地により阻止されました」

「風の贈り物を貰ったよ、セニョリータ」

「すいません、札幌駅はどこですか?」

「ナイスパンツ!」

 

 

ん〜、いい言葉は浮かばない。。。

見た瞬間に負けという事なのか。

という事は、見なければいいんです!なんだ簡単ジャン!

 

と、また同じ事を繰り返すのであった(笑)

 

クリーニング店で落ちないシミは「染み抜き化学研究所」