2008 7月 18 のアーカイブ

先週、日曜参観日があった。

佐藤家は、長女が年長で次女が年少なので、同時に2人を見ることは出来ない。

夫婦で悩んだ末、僕は次女を見に行くことにした。

次女に、「パパでもいい?」と聞いたら微妙な顔をしていました(笑)

幼稚園に着くと、意外にもお父さんの数が多い。

日曜日という事もあり、「もしかしたら父親参観日なのでは?」と1人思う。

お父さんの居ない子供も居るので、昔のようにはいかないのだろうとも思う。
いや〜感動しましたね。また。

家では暴れん坊で、わがままな次女も幼稚園ではきちんと集団行動が出来ている!(親ばかです)

そして、みんなに歌を披露。
この歌は、次女が家で練習していた歌で、いわくつきの歌です。

僕はいつものように、夕飯を食べて焼酎を飲んでいた。

すると次女が、歌を歌いだした。

「南の島の大王は、その名も偉大なハメハメハ」と

「ん?なんか聞いたことあるな?」そう思った僕は、何も言わず耳を傾ける。
「ロマンチックな王様で、風のすべてが彼の歌、星のすべてが彼の夢
  
             ハメハメハ ハメハメハ ハメハメハメハメハ」

 

え〜!どんな王様やねん!

しかも、ハメハメハじゃなくてカメハメハだろうが!
僕は次女に、「カメハメハ大王じゃないのか?」そう聞いた。

次女は、「間違っちゃった!」と照れ笑いをする。

しかし、長女が「ハメハメハ大王でいいんだよ!」と凄い勢いで僕に食ってかかる。
今考えると、凄いアホだが、そのときの僕は絶対の自信があった(笑)

「カメハメハに決まってるだろうが!」長女と言い合いになったが

 

嫁が一蹴

「馬鹿じゃないの?ハメハメハだよ」

 

次女が、「はぁ?」みたいな顔で僕を見る。

僕は、「ああああ!もしかして・・・」と半笑いをする。
そうですよね。カメハメハって、人気アニメ、ドラゴンボールの技ですよね。

やっちゃまった。子供相手にやっちまった。。。

でも、
問1 ○の中に文字を入れなさい 「○ハメハ」

って問題が出たとしたら、30代〜40代の人のほとんどは「カ」と回答するはずだ(笑)

と、言い訳をしてみました、ハイ。
脱線した話を幼稚園に戻します。

感動のハメハメハ大王の歌を聞き、メインの親子工作。

プリントと工作セットが配られる。

 

「フムフム、新聞紙を丸めビニールに入れて厚紙で顔を作るんだな」

とりあえず周りを見ると、僕らとは入っているセットが違う人もいる。

ゾウとか、ウサギとか色々パターンがあるらしい。
僕らはウサギが入っていた。

僕の教育方針として、こういう時はカッコいいとか皆に褒められるためとかは考えない。

「自分の作りたいように作れ」

その教育方針で、次女はすっかりゴーイングマイウエイになってしまいました(笑)

次女と一緒に工作を作り始める。

「ウサギの耳ってココだっけ?」「ウサギの鼻ってどんな形?」

そんな会話をしながら、楽しい時間をすごす。
でも、最後の方は何故か2人で紙飛行機を作っており、

この人形がウサギであるという事自体を忘れる。
で、出来たのが

 

これです 
ああああああああああああああああああああああ

また、やっちまった。。。。

 

見に来た先生、爆笑でした。

せめて、半笑いでお願いしたかった(笑)
次女が僕に、「これ、ウサギさんじゃないよね?」と不安そうに聞く。

僕は、「これはグレムリンっていうんだよ。水をかけると増えるんだよ」

と、マニアすぎるボケを言ってしまい。。。。次女はもちろん判らず。
でも、次女は嬉しかったのか、隣のお友達に

「これ、グレムリンだから!」と大声で話していました。

最高に恥ずかしかったです(笑)

 

それにしても、子供が大きくなるのは早い。

 

 

 

 クリーニングで落ちないシミは 【染み抜き化学研究所】