3月 2007 のアーカイブ

ネット集配がヤバイ。
このヤバイは、集まらないのでは無く集まりすぎ。
今までは1日10点前後だったのだが、今日は1日で34点の受注があった。
クリーニング店で落ちないシミがほとんど。
はっきり言って、出来ないですね。
1人での限界を超えてます。
けど、僕は人を雇う気は無い訳で必然的に作業量が決まってきます。
どうしようかな。
1日で50点とか集まっちゃうと、空けるので1日かかっちゃいますね。。。
試験をして、メールで見積もりを出して。
納期を貰うしかないかな。
子供を育てているというより、子供に育てられてる。
そんな風に常に思う。
僕自身は、とてもわがままで、自分勝手で、ゴーイングマイウエイ。
実は最近チョッと悩んでいる。
他の人から見たら大した事ではないかも知れないが、僕には重要。
悩みは「長女の物分りが良すぎる」ことだ。
言う事が子供では無い。
この前、「近所のソバ屋に行くか?」って長女に言った。
そしたら「うん、でもあそこたまに閉まってるからね。電話してからにした方がイイよ。」って・・・。
4歳なのに。。。
でも、4歳らしい事も言う。
「お寿司を食べたいけど、パパお金ないや。」そう言った事があった。
そうしたら、「そういう時は、銀行に行けばいいんだよ!」って(笑)
長女の人格は、僕ら夫婦の「いい子だね」って言葉が作ったのだと思う。
次女のオムツは取り替える、洗濯物もたたむ、晩御飯の準備もする。
他の人から見れば、本当にいい子なのだ。
しかし、それってどうなの?って最近悩むのだ。
だって、自分らしさがそこには感じられないから。
いい子と言われる=○○をする
そんな方程式が出来上がっているのだと思う。
子供の人格形成に一番関わっているのは、もちろん親だ。
親が「こうなれ」って願う形に子供は育つ。
また子供に興味がなければ、子供は自分を見てと猛烈にアピールする。
もちろん、子供は判らない事だらけだから色々と教えなければならない。
赤信号は止まれとか、生命に関する事はしっかりと。
けどね、「○○をしてはいけない」とか「○○をしなさい」ってのは僕らのコピーを作る手順。
僕の望むとおりに育つより、自分らしく育って欲しい。
「私はコレがやりたい!」って言ってくる子供に。
じゃあ、自由奔放に放置するのか?
もちろん、そんな訳にはいかない。
この問題は、僕の中で全く答えが出ていない。方向性が定まらない。
そんな中、僕に何が出来るのか考えた。
テーマは、「いい子にしなくても、俺はお前が大好きだ」
僕が悪友となるのだ。
やった事? 手でご飯を食べてみた
手で食べる=悪い事では無い。もし悪なら、インドは悪人だらけ。
でも、手で食べると手が気持ち悪い。上手く食べれないんですよね、コレが。
嫁さん激怒指数:5
やった事? 夜にこっそりお菓子を食べる
長女、次女、僕で台所に集まり内緒でお菓子を食べる。
隠れて物を食べるってのは、美味しく感じます(笑)
嫁さん激怒指数:5
やった事? 大声でチ○ポ!と叫ぶ
子供は下ネタが好きなんですね。なので、コレを利用した。
最初は長女にメチャクチャ怒られた。
長女は悪い事にとても敏感だから、コレには怒った。
後で聞いたのだが、「パパ、焼酎飲みすぎてバカになってきたね。」って言ってたらしい(笑)
ちなみに、ポーズは右手を上げて力強く発音する。
僕と次女は、毎日のように連呼していた。
すると、長女も小さい声で「チ○ポ」と言ったのだ。
あれだけ、悪い事だから言ってはいけないと僕らに注意したのに。
「パパ!楽しいね!」 満面の笑みだった。
嫁さん激怒指数:999
けど、嫁さんは怒った(笑)
そりゃ怒るわな・・・・。
また次女はどこでも「チ○ポ!」と叫ぶようになった。
2歳の次女に見境は無い。。。
家族でご飯を食べていても、スーパーのレジでも。
この事が、さらに嫁さんの逆鱗に触れた。
マジで怖かったです。。。。
結局、僕が良いと思ってやったことは、良いのか悪いのかわかりません(笑)
でも、長女は変わったと思う。
やりたい事を我慢しなくなった。
この前も、「絵本が読みたいから、字を教えろ」と僕に命令形で言ってきた(笑)
自分勝手と自分らしさは違う。
そして、人間は集団生活をしているからルールも色々とある。
そんな事にも一緒に気がついていきたい。
僕は、体当たりしか出来ないアホな親父。
たまには間違う事もあるけど、頑張ってみるよ。

いよいよ、クリーニング業界は一番、盛り上がる時期に突入しました。

春の衣替え=春の最盛期

シミ研は、それほど関係は無いのですがソコソコ忙しくはなりますね。

ネットが最近、メチャクチャ順調。

九州のカリスマ先生のおかげも、かなりありますね。ブログで紹介してくれたので。

僕は、18歳から春が大嫌いでした。

春が近づくと憂鬱になります(笑)

僕は店舗部門を担当していましたが、一番の問題は

店舗に物が入らないんです。集まりすぎて。

各店舗から「品物が店舗に入りません!」と悲鳴のような電話がかかって来たのを思い出しますね。

本当に、笑えないんですよ。

集めても、ストックスペースが無い。

特に北海道は、ダウンやスキーウエアのようなかさばる物が多いから。

早引き取りのサービスや、宅配サービス、無料保管を絡めても4月の末はギリギリでしたね。

自社店舗なら、どうにかなるんですがナショナルチェーンのテナントは、もうどうにもならない。

はみ出し陳列禁止だから、店の外には荷物はかけられない。

外にハイエースをとめて、その中にストックしていた事もあった。

ホント、寒気がします。クリーニングの最盛期。

経営者になれば、「ココは稼ぎ時!」って思える。

けど、サラリーマンはね。。。

不眠不休の最盛期。ホント、トラウマです(笑)

そんな感じだから、染み抜きに手が回るはずもなく

預かった物を、とりあえず洗って、とりあえず収める。

一年に1回しか、クリーニングを使わない人も多いこの時期。

信頼を失うのもこの時期なのか・・・。

春になるとウキウキする!

そんな言葉が言えるように、トラウマを改善していきたい(笑)