その他 カテゴリのアーカイブ

今日、昔からの友人が来た。
その友人は、32歳の僕にとっては物凄く年上の友人。もうすぐ50歳になる。
付き合いはかなり長く、僕の良い相談相手だ。
その友人は、ふらっと店にやってる。
いつも缶コーヒーを2本買って来てくれて一緒に飲み、くだらない話をする。
その友人に言われた「お前、ブログ更新しろよ。傲慢だぞ!」
痛いところを突かれた僕は、
「いや、書く事ないんだよね」と苦し紛れにはぐらかす。
そうすると、「読む人が居るんだから考えて書けよ。せめて月2回は書け」
いつも痛いところを容赦なく突いてくる。
落ち込んでいる時は励ましてくれ、調子に乗っている時は歯止めをかけてくれる。
あちゃ〜痛いところ突かれた。。。。
更新していない時も、数十人は見てくれている僕のブログ。
読者の事を考えていないと指摘を受けた。
確かに最近は物凄い状態。
働いても働いても仕事が終わらない。
何でもそうだが、出来ない理由を言い出したらきりがないのだ。
僕の原点は、このブログであり
それを大切にする気持ちを忘れていたのかも知れない。
ブログだけでは無く、忘れてはいけない事は沢山ある。
最近では本当にありがたい事に、仕事が沢山ある。
でも、それは僕1人の力では無い。
僕に関わった色々な人の影響ですよ。
もちろん僕の努力もあると言いたいが、もっと違う力がある。
幸い僕には、駄目だしをしてくれる人達が沢山居る。
今の僕があるのは、その人たちのおかげなんだと思う。
そんな事を思いながら、ブログの内容を考えた。
仕事の事ならば、本当に沢山ある。
毎日、色々なエピソードがあるから。
通り魔にペンキをかけられた人の話や、カリブ海で付けたシミの話、
勢いで買ったアルマーニの話や、自慢の犬にオシッコをかけられた革バッグの話。
でも、僕は書かなければいけない記事があった。
それはもう2ヶ月近くも前の話。
実は、福ちゃん(カリスマ福永)
http://blog.livedoor.jp/karisuma929/
と(有)なかしまの中島さんと宮崎に行ってきた。
福ちゃんには「今度ブログで宮崎の事を書くよ!」とは言っていたのだが、
中々ブログが更新出来ずにいた。
でも、カリスマはめげない。
何度も「いつ書くん?」と本当にめげない(笑)
普通なら1回言って書かなかったら諦めそうなものだが、本当に諦めないヤツなんだな。福永って男は。
別に書きたくない訳ではなかったのだが、タイミングと
書けと言われると反発したくなる心のせいで書けずにいた(笑)
宮崎県にあるフェニックスカントリークラブ
に行ったときの話しだ。
仕事のついでではあったのだが、宮崎は行ってみたい土地ではあった。
僕と福ちゃんと中島さんは、年に数回遊ぶ。
仕事がらみもあるのだが、仕事は本当にしない(笑)
お互いに群れるのは好きでは無いのか、会いたくなったら会う。そんな関係。
男女の仲なら、「割り切ってるんだね・・・」そう言われているかも知れません(笑)
今回の宮崎も、ほんとうに気まぐれ。
電話で話していた時、
福   「俺さ、ゴルフ上手くなったばぁぃ!」
シミ研 「ホント?どうせ口だけだろ〜?」
福   「あ?だったら勝負するか!」
シミ研 「いいぜ!いつする!」
そんな会話が続き、「じゃあ、今月行くわ!負けて泣くなよ!」って具合に(笑)
福岡に着いた初日は、博多料理を食べ、福ちゃんちに宿泊。
僕は福岡に泊まるときは、100%福ちゃんの家に泊まっている。
ホテル付きの航空券の方が安いので、いつもホテルはあるのだが
奥さんも良くしてくれるし、福ちゃんの部屋は本もいっぱいあるので居心地が良いのだ。
酒を飲めない福ちゃんも、気を使ってか僕の晩酌に付き合ってくれる。
「俺は梅酒を飲めるようになった」
福ちゃんの発言に、「おお!友よ!」そう思ったのもつかの間
ヤツは、梅酒を一杯飲み「おかわり」と言った次の瞬間、倒れこむように泥酔。。。
「飲めないのに付き合ってくれたんだな・・・・」と感激した。
でも、コレが面白くて何回かやってマス(笑)
翌日、フェニックスがある宮崎へGO!
朝、車にガソリンを入れる。
スタンドで缶コーヒーを買った。ふとタイヤに目をやるとペッタンコ!
「タイヤパンクしてるね・・・」朝一からブルーになる。
でも、そんな事ではめげない。楽しい楽しい宮崎へ!
なんと福岡から車で4時間!
なんか近い気がしていたのだが、物凄く遠かった。
宮崎に入る前、車のフロントガラスにポツポツと雨が・・・。
「マジ!!!」みんな声を上げる。
ゴルファーの行きたいゴルフ場ベスト3に入っているフェニックス。
タイガーウッズも来るフェニックス。
滅多に行けないフェニックス。
でも、雨の日にプレー出来る確立の方が少ないフェニックス。
そんな訳で、僕1人は「いや〜雨の中プレー出来る事って少ないよ!ラッキーだね!」
と変なプラス思考。
後ろに乗っている中島さんは「そう?」と明らかに同意していない。
福ちゃんは、運転もしているので半ギレ。
僕は連れてってもらっている身分なので、
「雨でグリーン遅くてスコアイイよ!」とか、「暑くなくてイイね!」とか
プラス思考で言えるだけの事を言った。
でも、結局宮崎に着いても雨は晴れなかった・・・・。
それでもフェニックスは素晴らしかった!
コースレイアウトも、芝の状態もグリーンもバンカーも。
僕が北海道で行っている、安いゴルフ場とは比べ物にならない。
雨が降ったのは確かに残念だが、僕にとっては大した事では無い。
思う存分ゴルフを楽しんだ。
で、勝負は僕の勝ち!
まあ福ちゃんは、スライスをどげんかせんといかんね〜。
夜になり、今度はマージャンで勝負という事になった。
僕と福ちゃんと中島さん。マージャンは4人でするので、面子が1人足りない
すると、熊本からラスカルさんが来てくれた!
http://rascal.co.jp/index.html
このオッちゃんは、本当に良いオッちゃんです。
わざわざ熊本からマージャンする為に宮崎まで来るんです。
人から好かれる良いオッちゃんです。
熊本にお住まいの人は、是非、洗濯工房ラスカルを使ってあげてください。
もちろん、腕はぴか一です。
で、マージャンは結局僕のボロ負けでした(笑)
まあ、ゴルフで勝っているので一勝一敗ですね。
そんな楽しい宮崎に別れを告げ、札幌に帰って来た。
札幌駅に着いた僕は、地下鉄に乗ろうと足早に急ぐ。
そんな時、妙にガタイの良い外人さん2人が僕に話しかけてきた。
「サッポロファクトリードコデスカ」
どうやら札幌ファクトリーに行きたいようだ。
札幌ファクトリーとは、多くのテナント等が集まった巨大なデパートみたいなものですね。
外人さん向けの観光ガイドに載っているのか、外人さんにも人気がある。
僕は「ファクトリーは行けるけど、札幌駅からは遠いですよ。」そう英語で言った。
「サッポロファクトリー、ロングタイム」
外人さんはポカーンとしている。
通じていないので、僕は手法を変えて伝えてみた。
「サッポロファクトリー、カナリアルクシトオイ」
不思議なもので、発音が違うだけで英語を話している気になってました(笑)
結局、「ウォーク、ロングタイム」で通じたんですね、奇跡的に。
その後、「フロム、アメリカ?」の僕の問いに1人は「マイアミ」と答えた。
僕は、「オオ〜ビ〜チ」と波のマネをした(笑)
そうすると外人さんは、自分の腕時計を指差し
「ファイブミニッツ?」とかって英語で話してくる。(当たり前ですね)
どうやら、どれぐらいの時間で行けるのか知りたいらしい。
僕の親父は公務員だし、弟は塾の講師だし、妹は留学もして英語の講師をしている。
なのに、僕は全く英語を勉強をしなかった。
英語が話せない事を、こんなに悔いた事は無い。
僕は思いっきりフル回転で考えた。
そして「ウォークタイム・・・」と言いながら
外人さん腕時計を指差し、「15分はかかりますよ」と気持ちを込めてゆっくりと指を動かした。
でも、重大な事に気が付いた。
ファクトリーに行く時間は説明できても、道は全く説明出来ていない。
札幌に観光に来ている外人さんに、「ファクトリーはあっちです」
と指をさして教えるのは、どう考えても不親切。
また考えた。
そして言葉で伝えるのは諦めた。
僕の家は札幌ファクトリーのすぐそばで、僕は外人さんを乗せてタクシーで行く事にした。
でも、「タクシーで、帰宅のついでに連れて行ってあげるよ」
これを伝えるのは、至難の業だ。
考えた末、「レッツ、タクシー、プリーズ」と笑顔全開で言った。
そして「タクシーに乗ろうよ」という事を体を使って猛アピール。
目と目を合わす2人の外人さん。英語で相談してるようだ。
その時、僕は良い英語を思い出した
「レッツゴー!」
不安な様子の外人さん。
でも、僕の「乗って乗って!」の猛アピールに不安ながらも乗ってくれた。
車内、なんか暗い感じ。
僕は、観光地札幌としてのイメージを崩してはならないと必死に話しかける。
「サッポロファクトリー、ショッピング?」
そうすると、「ヤキニク」と答えた外人さん。
「オオーヤキニク!スシ、テンプラ!」
ありきたりのアドリブの僕。
その時、もう1人の外人さんが「ビール!」と嬉しそうに言った。
その発音が僕の知っているビールとは違って、
僕の知っている英語とは違うと実感した。
学が無いというのは、本当に悲しいな。。。
そしてあっという間に、目的地のファクトリーへ到着。
ファクトリーにはトイザらス(大きいおもちゃ屋さん)も入っていて、ソレを見て外人さんは
「オオ、トイザらス!」と妙に嬉しそうだ。
なんか僕も嬉しくなり「トイザラらス、グッド!」と
日本はトイザらスがあって、とても良いですみたいな事を話した。
後日、友人にその話にしたところ
「お前さ、それってアメリカ人にコーラ自慢してるようなもんだぞ」と言われた。
トイザらスってアメリカの企業なんですね・・・・。恥ずかしい。
その時、なんと外人さんが財布を取り出しお金を払おうとしている。
僕は、「ノーノー!マネーオーケー!」そう手振りで示した。
僕は、物凄くビックリした。
まあ、今考えれば全く通じていないので
「連れて行ってやるから金は払えよ」そう思われていたのかも知れない。
ペコペコと頭を下げ「アリガトウゴザイマシタ」と僕にお礼をしてた外人さん。
「何か悪い事したな。タクシーに乗っている時に元気が無かったのは、怖かったからなのかな?」
そんな事を思いながら、タクシーの運転手さんに今までの経緯を話した。
タクシー運転手さんは、「あのアメリカ人、室蘭から来たんだね。」そう言った。
僕は意味が判らず、「いや、マイアミから来たって言ってましたよ」と答えた。
よくよく聞くと、アメリカの空母が室蘭に来ているらしい。
あのガタイから、海兵さんでは無いかと言う。
そう言えば、観光にしては安易過ぎる気がした。
観光ガイドも持っていないし。軽装だったし。
僕は家に帰って考えた。
訓練でやっと陸に下りて、焼肉とビール飲みたかったんだな。
言ってくれれば、観光客向けじゃない安い所教えたのに・・・・。
後悔するも、言葉が判らないのでどうしようもない。
あの外人さん、楽しんで帰ったかな。
今でも、その事を思い出す。
僕にはいくつか決め事がある。
観光の決め事は、写真を取ってあげるという決め事。
カップルで居たら、一緒に写真を撮りたいはずだ。家族なら全員で。
自己満足かも知れないが、僕はおせっかいが好きだ。
喜んでくれると嬉しい。
僕の半分はそれで出来ている。

シミ研に秋の最盛期がやって来ました。

今年は猛暑の影響で、汗ジミの処理がもの凄く多いですね。

気温35度の中、長袖ジャケットは汗だくになりますよ。

このブログでも何回も書いているのですが、汗はドライクリーニングでは落せません。

汗ジミを防ぎたい場合は、クリーニング店で汗抜きやWウォッシュなどの名目で

水洗いをしてくれます。

なので、それを利用するのが有効ですね。
白いジャケットの黄ばみ取り。

かなりやりましたし、まだやってます。

あと、時期的にコートやダウンの染み抜きも増えました。

 

昔であれば、「クリーニング店は何をやっているんだ!」と思った物ですが

最近は考えが変わりました。

自分の出来る事を頑張ってやる。それが僕の場合、染み抜きという事。

染み抜きをしないクリーニング屋さんがあっても良い。

こだわりが無いお客様をターゲットに商売すればいいんですよね。

僕は、あまり高い服も持っていないし多少のシミは気にしないんです。

だから、こだわりはあまり要らない。
染み抜き専門店って、困った時に使うところであって

日常的に使う人はほとんど居ない。

安定的な売り先が無いというのは、経営的には難しい。

 

染み抜きが出来ないクリーニング店が、悪いクリーニング店という訳では無い。

僕のエゴを押し付ける必要は無いと思うようになりました。
確かに、お客様は可哀相です。

落ちればまた着られる服も、シミが落ちずにゴミとなってしまいます・・・。
でも、これからの時代は調べる事が出来ます。

クリーニング店=みんな同じ

そんな発想は無くなっていくでしょうね。
なんでそんな風に考えるようになったかと言うと、

人は考え方に反応する

そう思うようになったからです。
僕の考えに賛同してくれる人が、僕のお客様になっている。

チラシも撒かないシミ研は、ほとんどがお客様の紹介です。
話題性というのも大きいですが、考え方に賛同してくれているから

紹介をしてくれるのだと思います。

とても嬉しく、ありがたい。
シミ研に依頼をする人は、困っている人だ。

でも、その中でも本当に困っている人と、ちょっと困っている人が居る。

最近では忙しい時になると、納期が一ヶ月待ちになる。

到着した荷物を空け、部分テストをするにも3〜4日かかったりする。
説明が難しいのだが、最近の事例です。

ベルサーチのズボンを送ってきた男性が居る。

クリーニング店で処理して貰ったがシミが落ちず、さらに違うクリーニング店に

依頼をしたが駄目だった。

シミは、硬化したたんぱく質のシミで、既に脱色もしている。

クリーニング店でかなり擦ったのだろう・・・・。

クリーニング店の、「何とか落したい!」とい気持ちは判る。

しかし、このケースは酵素分解をしなければ落ちないんです。

時間もかかるので、クリーニングのサービスの一環では落すのは難しい。

原油も90ドルだし、コストUPは避けられない。

コストを上げないのなら、品質を妥協するしかない。

 

お客様は僕に

「初めてのベルサーチでした。一回しかはいていなくて諦めきれません。

 何とかお願いします。」 そうメールをくれた。

短い文章の中に、色々な思いが入っている。
職人であれば、「何とか気持ちに答えたい」そう思うだろう。

高い服を勇気を振り絞り買ったのだ。

しかし、それは1回の為だとは思えないだろう。

最後の最後に、北海道まで荷物を送ってくれたのだ。

どんな気持ちで送ったか察しはつく。

でも、この時は激混みで荷物を空けるのに1週間近くかかっていた。

何日かで100件以上の荷物が来たのだ。
お客様には申し訳無い事をした。

「まだかな?まだかな?」ず〜と考えて待っていたのだと思う。

シミは無事に落ち、色も入れたので、お客様の希望に応えられると思う。
このお客様と、「いや、シミが落ちればラッキーだなと思って。」

というお客様では、気持ちの重みが違うんです。

どんなお客様でも、同じサービスをしなければならないのは判っています。
でも、本当に困っているお客様から助けてあげたい。

しかし、そんな事は不可能だ。気持ちの中は見られないから。

 

思い返せば、困っている人って沢山いた。
一着しかないスーツに瞬間接着剤を付けてしまった、新社会人の人。

友達から借りたエルメスのバッグに、シミを付けて途方にくれている人。

彼氏から貰った服にシミを付けてしまい、彼氏に「最近あの服着ないね?」と言われている人。

旦那さまの大切な服に洗濯で色移りさせて、離婚問題までいった人。

大株主の人にワインをかけてしまい、クビになりそうな人。

きりが無いぐらい居る。
商売をやっていて、一番嬉しいのはお金でも名誉でもなく

喜んで貰う事だ。僕の場合は。
僕の志を忠実に守れるのは僕だけだ。

だから僕は1人で頑張る。

 

[http://www.simiken.com/ クリーニングで落ちないシミは 【染み抜き化学研究所】]

僕はよく「悩みなんてないでしょ〜。」と言われる。
誰も僕の頭の中は判らないので、見た目で判断される(笑)
見た目と言うか、行動か。。。
いかにも「悩んでます!」ってのは苦手なタイプで、強がって自滅するタイプだ。
ただ、文章というのは頭の中の言葉で構成されているわけで
ふだんの僕とはチョッと違う言葉が出たりする。
僕の経験上、オイラの悩みと言うヤツはなくならない。
大きな悩みを解決すれば、小さな事が悩みになる。
仕事が上手くいかないという悩みは、明日死ぬかもしれないという悩みには勝てない。
悩みが無い人も世の中には居るんだろうな〜。
僕も一瞬だが悩みが無くなる場合がある。
それは忙しすぎて何も考えられない時だ。
絶好調の時は、この調子がいつまで持つのか?って事が悩みになる。
ただ、この悩みは僕にはとても必要。
僕の座右の銘は、「一番危険なのは勝利の瞬間」
僕自身にも経験がある。
絶頂期で失敗した経営者を沢山見てきた。
反面教師というか、最上階から一気に落ちる姿には恐怖する。
「自分が溺れながら、溺れた人を助ける事は出来ない」そんな座右の銘もある。
僕の中では、ストレスと悩みは別物だ。
よく、「カラオケで歌えばスッキリしますよ!」とか「お酒飲んでパーっと!」とか言われるが
僕の悩みには効かない。
現在は、コレといった大きい悩みは無い。
仕事、家庭共にいい感じ。
ただ、「このまま、この調子が続くのか?」って事が悩みになる。
この悩みが戦略や技術向上を生むのだ。
「俺ってスゲー」と思ってた時代には、必ずそこが頂点になっていた。後は落ちるのみ。
もちろん、経営者の悩みとサラリーマンの悩みは違うだろうけど・・・。
また、確実に独身の時の方が悩みは少なかった気がする。
楽しい事が多かったせいかも知れないが、
家族を持つと、やはり1人の時とは違う。
悩みも人それぞれだ。
コミュニケーション能力に悩む人、お金に悩む人、恋人に悩む人。
悩んだあげく、自殺してしまう人も居る。
変わりたいと悩む事は、ほとんど無い。
僕は思った事はガンガンやっちゃうタイプ。色々やっちゃって悩むタイプ。
僕が悩んだ時、悩みが小さくなる魔法の言葉がある。
「きっと一年後は忘れてるよ」
実際に、何年も同じ事で悩む事はまず無い。
いつの日か悩みは教訓になり、笑い話になる。
僕はお金でかなり悩んだ。
自営業は、お金をもらえない。自分で稼ぐしかない。
稼げない時はキツかった。
その悩みは教訓となった。
簡単な事で、出来ることしかしないという事だ。
思いつく事の中で、より確実なこと。
今の僕は、人を増やさないで目の前に居る困っているお客様を救う事だ。
そんなに儲かりはしないが、大きく下がる事もない。
よく「弟子取らないの?」とか、「誰かに継承しないの?」といわれる。
「会社を大きくすれば儲かるんじゃない?」と言われる事も増えた。
けど、そんなに儲けなくても良いと思っている。
空から10億円が降って来ても、僕はこの仕事を辞めないだろう。
仕事が好きで、何とか食っていける。
それで十分。
確実に儲かるなんて事は、世の中に無い。
大きく狙えば、全てを失う事になるかも知れない。
こう思う事で、僕のリスクは軽減される。
小さくまとまった。
ただ、これが今の僕の身の丈なんだ。
追伸
長女に「パパがさ、もの凄くハゲてさ参観日に笑われたらどうする?」
と聞いてみた。
内心、「それでも良いよ!」とか、「パパの事すきだから関係ない!」って言葉を期待していた。
そしたら、長女は優しく僕に抱きつき、こう言った。
「大丈夫だよパパ、笑われたら隠れてればいいんだよ。」
純粋な子供の言葉は、マレに痛烈なダメージを与える。。。。
ダメージを受けながらも、必至にポーカーフェイスを保つ。
僕は涙目になりながらテレビを見て、「そっか」と返答をした。
チョッと沈黙の後、
「私ね、幼稚園で絵本作ったんだ!」長女がそう言ったので
かすれたような声で「どれ、見せて」そう言った。
とりあえず絵本を見た。
表紙には魚の絵が書いてあり、「むかしむかしあるところに」の文字が。
次のページをめくるとブタの絵が描いており「ちち」と書いてあった。
そして次のページをめくると「おしまい」の文字が・・・・。
ダメージを受けた僕の隣で、「おっぱぴーおっぱぴー」とうるさい次女。
人生は、常に修行の場である。