インクは、家庭で処理出来ないシミの1つではないだろうか?
水だけでは絶対に取れないし、いきなり漂白しても基本的にに取れない。
また、僕の経験上だが油性インクよりも水性インクの方が取れにくい。
油性は、有機溶剤や染み抜き剤でかなり落とすことが出来るのに対し、
水性インクは、物理的力を必要とするものが多いのです。
よく、「水性インクだから家で洗ったら取れる?」って聞かれますが、取れません!
床などに付いた場合は、水で落ちる場合が多いんですが、衣類に付くと大変です。
生地に、顔料が刺さるんです。そうすると、中々出てこない。
実際、僕も取れなかった水性マジックのシミがあった。
本当に、寝れなかったね。悔しくて。化学繊維であれば何とかなるのですが、
それは、綿の厚地のジャケットでした。かなり薄くはなったんですが、
白色のジャケットなので、着用は厳しいと思い返品しました。
ゲルインクが落ちる!とかって薬品とかも買いましたが、やっぱり騙された。ちくしょー。
そんなにうまい話は無いですよね。やっぱり。。。

  before         afterインク染み抜きインクの染み抜き2 

 

 

今回のトラブルは、クリーニング店で中途半端に処理してしまった油性インクのシミです。

油性インクは、取れなかった記憶が無い。でも、多少薄く残ったことはある(笑)
今回のインクは、意外と簡単に除去出来た。

残った色素は還元漂白ではなく、酸化漂白だ。
結構、染み抜きは流派によってバラバラだと思う。
僕は、以前から言っているが「いいトコ取り流」なのだ。
自分で色々やってみて、「これはいい!」って物を集めている。
集めているって表現は変かな?うまく言えないが、「独自の染み抜き方法の組み立て」なんです。
インクは、本当に新しい物が増えている。
古いやり方では落ちないインクも出ていますよね。ゲルインクとかね。
常に、目を光らせていかなければいけません。

 

コメントする