今回の依頼は、兵庫県からだ。
「15cm程にわたって、しゅっと線を書かれてしまいました。
 付けられて直にクリーニング店に相談しましたが、しみを取ることによって
 元の色まで落ちてしまうのでできないと断られてしましました。」
このジャケットは起毛しているタイプで、クリーニング店ではいじりたくないタイプ。
しかし、試験の結果、地色は抜けない。酸素系・還元系の漂白剤にも色は持つ。
何で、クリーニング店は地色が抜けると言ったのだろう?
その場しのぎをしていると、他の店でキレイに染み抜きされると
そのお店の信頼はがた落ちすると思う。
しかもこれは、義母から貰った大切な一着との事。
何とかしなければならない。
起毛しているので、出来れば水系は使いたくない。
油性の染み抜き剤と、代替エタンで丁寧にマジックを抜いていく。
毛羽立ちや、スレがおき易い繊維なので細心の注意が必要だ。
起毛を寝かせずに抜くのに、かなり神経を使った。
  before         afterマジックの染み抜きマジックの染み抜き2  

 

↑クリックすると大きいサイズで表示されます

Nさん!キレイに落ちましたよ〜。嬉しい〜!
風合いも全く変わらず、修正完了です。
この一着は、精神的にとても疲れた〜。 

コメントする