コーヒーのシミ
染み抜き修正事例

Before
コーヒーの染み抜きクリーニング

After
コーヒーの染み抜きクリーニング

コーヒーのシミは、水溶性に分類される。
そのほかに、お酒のシミやワインもそうだ。水溶性とは、水に溶けるシミ。なので、ドライクリーニングではまず落ちない。ドライクリーニングとは、石油等の揮発性溶剤で洗う。
いわゆる油を良く落としてくれるクリーニング。なので、水溶性の汚れにはめっぽう弱い。汗をかいて、ドライクリーニング。これは、ほとんど意味が無い。だから、翌年、汗が酸化して黄ばみになるんです。今回は、付いて間もないという事。しかし、コーヒーの色素は強い!水溶性処理の後、漂白処理をしてキレイになりました。






事例集へ TOPへ 相談
品物を依頼しよう!